" 事故車を売るには業者選びが大切

上手に売れば事故車でも高く売ることができる

車 売る

■事故にあった車だからといって「事故車」とは限らない

「事故車」という呼び方が悪いのかもしれませんが、事故に合った車はどのような状態でもすべて「事故車」なんだと誤解されている場合もあるようです。

いわゆる「事故車」というのは「修復歴」がある車、つまり事故によって車の骨格部分(フレーム)を修復した車を言います。

事故にあった車でもボディの傷、フェンダー、ボンネット、バンパーなどフレームに関係ない部分を修理しただけの車は「修復歴」がつきませんから「事故車」ではありません。

事故状態のまま修復しておらず自走が出来ない状態の車を「事故車」と呼ぶ場合もあります。

「事故歴」があるが「修復歴」の無い車を、勘違いして査定マンに「事故車です」と申告すれば、査定に不利な間違った情報を与えてしまうことになります。


■事故車を売るときの最大のポイント

最近では少なくなったといいますが、事故車を売るときの最大のポイントは悪質な買取業者に買取を依頼しないことです。

事故車の売却を申し入れると、最初からレッカー車を持って来てろくに査定もせずに車を持っていってしまう業者がまだいないとも限りません。

車を引き渡した後にレッカー代金や名義変更費用料などを別途請求するような業者もいるかもしれません。

事故を起こしたときは誰でも落ち込んだり気弱になったりするのが普通ですから、くれぐれもこのような業者の手口に引っ掛からないよう注意が必要です。

信頼できる業者を選ぶ最も簡単な方法は一括査定を利用することです。

一括査定に参加・加盟している業者であれば、一括査定運用者の厳格な審査を通った信頼できる業者ばかりであり、安心して査定、買取を依頼することができます。


■一括査定で事故車を高く売る

事故で大破した車でさえパーツ調達用、くず鉄などとして一定の価値を持っているのです。

査定額は当然事故車買取を得意とする業者の方が好条件になるでしょうが、一括査定ならそのような買取店も多数参加しています。

事故車を売るときは、ぜひ【無料】一括査定で複数の買取業者の査定を比べてみることをおすすめします。


こちら 人気の車一括査定サービスを比較

おすすめのサービス 5段階評価            詳  細

かんたん車査定ガイド

★★★★★

ともかく入力が簡単!人気急上昇中の一括査定

●最短32秒の入力で最大10社からの一括見積が可能。

●中古車の買取一括査定サイトの決定版です。

●入力後すぐに概算査定額がわかり相場のチェックにも最適です。

詳細はこちら⇒ かんたん車査定ガイド

ズバット車買取比較

★★★★★

全国展開大手の買取業者が多数参加

●大手を含む107社から厳選された8社に一括で査定依頼。

●人気薄の車や過走行車に強いと定評がある一括査定です。

●毎月の買取強化車種であれば更に好条件が期待できます。

詳細はこちら⇒ ズバット車買取比較

カーセンサー.net
簡単ネット査定

★★★★☆

あの雑誌カーセンサー運営のオンライン一括査定

●加盟業者数が多いのが最大の特徴で地方でも高額が期待できます。

●最大11社の見積もりが可能なのはカーセンサーだけ。
(他社は最大10社まで)

●メールでの連絡を選べるので電話連絡が煩わしい方は助かります。


※こんな話どうかな?
トヨタに加えホンダ残価設定型ローンに力を入れ始めたようですね。
先日TVコマーシャルでやってました。若い人の車離れへの対応でしょうか。

修復歴車とは?

具体的にはどのような部分を修復した車を「修復歴車」と言うのでしょうか。

日査協、公取協、中販連などの統一基準によると、次の部分を交換したり修復(修正・補修)したものが修復歴車となるようです。

(1) フレーム (サイドメンバー)
(2) クロスメンバー
(3) インサイドパネル
(4) ピラー
(5) ダッシュパネル
(6) ルーフパネル
(7) フロア
(8) トランクフロア
(9) ラジエータコアサポート

(1)~(8) は「骨格部位」とされ、損傷があるもの又は修復されているものは修復歴となるようです。

(9) については、「交換されており、かつ隣接する骨格部位に凹み、曲がり又はその修理跡があるもの」が修復歴となるとされています。

いずれもまさに車の構造の骨格的な部分ですね。



このページの先頭へ